【最新刊】信玄忍法帖

忍法帖

山田風太郎

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「風林火山の行くところ敵なし」諸国にその名を恐れられた猛将、武田信玄が死んだ?過ぎし日、三方ヶ原の戦いで惨敗を喫した徳川家康は、真偽を確かめるため直ちに7人の伊賀者を甲斐へ送り込んだ。一方、信玄なき武田軍団の弱体を痛感する軍師山本勘介は影武者を擁立。信玄存命と見せかけてこれを猿飛、霧隠の二人の忍者に死守させた。甲府盆地は、たちまち忍者同士の熾烈な攻防に血塗られていった……。奇奇怪怪の忍法争いを通じて武田家の存亡を描く、山田風太郎の傑作忍法帖!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 忍法帖 全 23 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      忍法帖 全 23 巻

      10,450円(税込)
      104pt獲得

    レビュー

    • 2012/10/31Posted by ブクログ

      三つ巴ともいえよう作品。
      出てくる忍者の数は一番多いです。
      ちなみにそのうちのひとつは流派としては
      初めて聞いたかな。

      作品はまさに壮絶な鈴の争奪戦。
      だけれどもその中でやけに浮いている人が
      ひとり...

      続きを読む
    • 2012/08/26Posted by ブクログ

      彼の著書にしては
      割とエログロのほうは控えめでしょう。
      それに今回は忍者が敵という構図です。
      主人公はその終われる側の家綱の落とし胤なのですから…

      とにかく相手となる甲賀七忍者は
      とてつもない技を繰...

      続きを読む
    • 2012/09/27Posted by ブクログ

      お、割とエログロ控えめな本。
      それが第一印象でしたね。
      確かに犯される、等の表現は出てはきますものの
      ほかの作品よりはきつさは控えめに思いました。

      おそらく純粋に忍者が関わらない
      場面もあるからそう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード