天地明察 上

著者:冲方丁

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く――。日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。第7回本屋大賞受賞作。※本書は2012年5月に発売された角川文庫版『天地明察』を底本に電子書籍化したものです。

    続きを読む
    • 天地明察 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      天地明察 全 3 巻

      1,298円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • 2012/03/29Posted by ブクログ

      1巻で自分に仕込まれた期待を裏切らず、それどころか何倍にもなって返してもらったような満足感。

      原作未読なので先を知らずに読んでいるから余計だと思うのですが、1巻での前向きな方向性から一転して、かなり...

      続きを読む
    • 2012/02/14Posted by ブクログ

      本屋でみかけて表紙買い。
      原作が冲方 丁さんだし、表紙の絵柄も好きなので外れはなかろうと思いましたが、外れどころかむしろ大当たりでした。

      世界観にぴったり寄り添うような風合いの絵柄が好感度絶大ですし...

      続きを読む
    • 2015/12/23Posted by ブクログ

      原作は上下巻、漫画は全9巻。完結済み。江戸時代の、日本初の独自の暦を作成した中心人物が主人公。
      根っからの文系で数学は非常に苦手ですが、のめり込む勢いで読めました。
      作画はとても世界観に合っている。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000128615","price":"594"}]

    セーフモード