【完結済み】帝都物語 第壱番

帝都物語

完結

6冊

荒俣宏

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    関東大震災や辛亥革命など、干支にいう〈亥の年〉には、国家的規模の大異変が続発している。そして、亥年にあたる一九九五年。不幸にも阪神大震災、地下鉄サリン事件という未曾有の大惨事が発生した。だが本書はすでに、魔人・加藤保憲を駆って、破滅の予兆を孕んだ現代の姿を予見していた!ここにまた、混沌とした世紀末を乗り切るために、科学、都市計画、そして風水まで、あらゆる英知が結晶したカタストロフィ・ノベルを繙く時がやってきた――。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 帝都物語 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      帝都物語 全 6 巻

      4,884円(税込)
      48pt獲得

    レビュー

    3.5
    33
    5
    6
    4
    9
    3
    14
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/12Posted by ブクログ

      長い長い昭和のカスタトロフ小説。
      ふしぎな小説。デタラメといえばデタラメだけど
      そこにはアースダイバー的なロマンがある様に思う。
      都市から失われつつある〈気配〉を思い起こさせるオカルティックな作品。

    • ネタバレ
      2019/01/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      虚実百物語みたいな雰囲気で、あぁ、これのパロディでもあったのか?と。
      三原山噴火という、当時としては極タイムリーな話題が出て来て、そうだよな、昭和だったんだよな、と。当時まだ小さい自分をひいおばあちゃ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード