愚者のエンドロール

著者:米澤穂信

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「わたし、気になります」文化祭に出展するクラス制作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ!<古典部>シリーズ第2弾!※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。

    続きを読む
    • 「古典部」シリーズ 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「古典部」シリーズ 全 6 巻

      3,762円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード