GOSICK IV ──ゴシック・愚者を代弁せよ──

桜庭一樹

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    季節は初夏。今日も図書館塔最上階、秘密の小部屋で読書にふけるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。そこには〈未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!〉とメッセージが。時を同じくして学園にやってきた謎の人物。そして、時計塔で起きた密室殺人……知恵の泉のもと、すべての謎がひとつになるとき、王国の禁忌が白日のもとに!?人気ミステリ、急展開の第4巻。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    73
    5
    14
    4
    34
    3
    24
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/22Posted by ブクログ

      今回は学園でおきた事件を解決しているけど、ヴィクトリカが積極的に行動しているのが印象的だったな。それだけ過去からの挑戦状に興味を持ったという事かな?
      それにしてもヴィクトリカが図書館外にでたからアブリ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/11/26Posted by ブクログ

      今では考えられないけど、非科学的な錬金術を信じる人たちが、過去にはたくさんいたんでしょう。そして、ソヴュール王国にもまた…。今回は王国の歴史の一部と、聖マルグリット学園の持つ別の顔を見ることができた。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード