GOSICK II ──ゴシック・その罪は名もなき──

桜庭一樹

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    〈“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する〉不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、学園を抜けだし山間の小さな村にやってきた。時が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。それは、かつて彼女の母・コルデリアが巻き込まれた事件と呼応するかのように続いてゆく。そして、最後にヴィクトリカが見抜いた真実とは……!?直木賞作家がおくるダーク・ミステリ待望の第2巻登場!!

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    10
    5
    2
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/10Posted by ブクログ

      新聞の広告欄に呼び出され訪れた隔絶された山間の小さな村の夏至祭で、ヴィクトリカの母の無実を証明する。主役コンビの可愛さがとにかく良い。お風呂の歌をうたう間の抜けたヴィクトリカも可愛い。ダークさとキュー...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/01/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/08/21Posted by ブクログ

      今一つかなぁ、と思って読んだけど、「誰でも読めるホームズのような様式美のあるミステリー」、的なことが解説にあったので、納得。作者の狙い通りかと思います。

    開く

    セーフモード