続巷説百物語

著者:京極夏彦

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    不思議話好きの山岡百介は、処刑されるたびによみがえるという極悪人の噂を聞く。殺しても殺しても死なない魔物を相手に、又市はどんな仕掛けを繰り出すのか……奇想と哀切のあやかし絵巻。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    96
    5
    44
    4
    34
    3
    18
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/12Posted by ブクログ

      シリーズ第二弾。

      江戸にもどった百介は、その後も又市、おぎんを中心とする小悪党たちの世直し的な活動に加わることになり、数々の事件を解決していきます。さらに今回は、百介の兄で同心の山岡軍八郎、おなじく...

      続きを読む
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      再読。腕が痛い背中が痛い。それでも読みたいわけで、サロンパスのお世話になって読み終わりました。最後の大仕掛けの成功の裏には、悲しくてやりきれない思いが残って、又市さんやおぎんさんは向こう側へ行ってしま...

      続きを読む
    • 2018/11/26Posted by ブクログ

       無類の不思議話好きの山岡百介は、殺しても殺しても生き返るという極悪人の噂を聞く。その男は、斬首される度に蘇り、今、三度目のお仕置きを受けたというのだ。ふとした好奇心から、男の生首が晒されている刑場へ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード