【最新刊】西巷説百物語

「巷説百物語」シリーズ

5冊

著者:京極夏彦

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人が生きて行くには痛みが伴う。そして、人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    4.2
    247
    5
    113
    4
    97
    3
    33
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/14Posted by ブクログ

      決して嫌いではないんだけど、読み進めるのに少し躊躇する。
      百介が切ないのと、仕掛けが大き過ぎて何が何やら‥。
      もう小悪党じゃないじゃん、何だってできるじゃん、みたいなね。
      あと、野鉄砲で百介の兄が「昼...

      続きを読む
    • 2019/10/14Posted by ブクログ

      シリーズ第四弾。

      今回は、小股潜りの又市がまだ若いころの物語です。ある事件をきっかけに、裏稼業を引き受けている「ゑんま屋」の仕事を請け負うことになった又市は、ひとが死んでしまうような解決策を嫌うとい...

      続きを読む
    • 2019/10/13Posted by ブクログ

      シリーズ第三弾。

      明治に入り、「一白翁」と名乗るようになった山岡百介のもとに、一等巡査の矢作剣之進、その元同僚である笹村与次郎、洋行帰りの倉田正馬、剣術指南の渋谷惣兵衛の四人が、奇妙な事件を持ち込み...

      続きを読む
    開く

    セーフモード