【最新刊】西巷説百物語

「巷説百物語」シリーズ

5冊

著者:京極夏彦

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人が生きて行くには痛みが伴う。そして、人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/08/29
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 「巷説百物語」シリーズ 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      「巷説百物語」シリーズ 全 5 巻

      4,334円(税込)
      43pt獲得

    レビュー

    4.2
    250
    5
    113
    4
    100
    3
    33
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/21Posted by ブクログ

      林蔵ってそんなに良い男なの?
      上方の仕掛けは又市のものとは、やっぱり少し違うね。
      最後に又市さん、百介さんが出てきて嬉しかった。
      なんだかんだ、凄いのは小右衛門よな‥。
      小右衛門無双だね、巷説シリーズ...

      続きを読む
    • 2019/12/14Posted by ブクログ

      又市が御行になる前の物語。
      ぶっきらぼうで青臭くて周囲に舐められてる又市が見られるのは良い。
      「嗤う伊右衛門」はこの後かな?
      山崎さんの最期が悲しくてね、読むのが辛くなる。

    • 2019/11/29Posted by ブクログ

      お話の筋や仕掛けやあれやこれやは好きなんだけど、与次郎達4人の会話に苛々してしまって、読み進めるのに苦労してしまった。
      でも好きですよ。
      由良家の発端を知れるところが良い。
      あと、和田智弁ね。
      又市は...

      続きを読む
    開く

    セーフモード