消失(上) 金融腐蝕列島・完結編

著者:高杉良

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    都銀大手・協立銀行の執行役員で広報部長の竹中治夫は、大阪・中之島支店長への異動を命じられた。中京圏を基盤とする中位行・東亜銀行との合併を控え、関西全般の不良債権処理が名目だったが、明らかに左遷であった。JFG銀行設立を大阪で迎えた竹中は、苛酷な不良債権処理の圧力の中、中堅建設業・スズキ工務店の再建に取り組むが…。バブル以降の金融業界を、圧倒的スケールで克明に描いた「金融腐蝕列島」シリーズ完結編。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/10/13Posted by ブクログ

      金融腐食列島完結編。銀行の広報部から役付けで、関西の中之島支店の支店長として異動となる。そこで、不良債権処理に取り組むことになる。そして、家庭では、妻との離婚に向けて動きが。。

      UFJ銀行がモデルと...

      続きを読む
    • 2011/07/03Posted by ブクログ

      中・下を読まないとレビューは書けないわけですが。。。
      おもしろくてためになることは間違いないのですが、このシリーズの前作
      「混沌」のときと、登場人物の描き方が変わってきているのがちょいと違和感を覚えま...

      続きを読む

    セーフモード