【最新刊】消失(下) 金融腐蝕列島・完結編

金融腐蝕列島

11冊

著者:高杉良

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経営再建中の巨大スーパー・ダイコーの不良債権に関する隠蔽資料の存在が内部告発される。金融庁のターゲットは、4大メガバンクのうち、大型増資に失敗したJFG銀行に絞られた。もはや巨額赤字は避けられない。竹中たちに、未来はあるのか?最強の営業力を誇ったメガバンクはなぜ消滅しなくてはならなかったのか。金融当局の狙いは何だったのか。金融大再編に至る銀行業界をリアルに描いた経済小説の金字塔、ついに完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/04
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 金融腐蝕列島 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      金融腐蝕列島 全 11 巻

      8,712円(税込)
      87pt獲得

    レビュー

    3.6
    26
    5
    6
    4
    9
    3
    8
    2
    1
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2020/01/25Posted by ブクログ

      都市銀行の大合併しまくっていた時代をモデルとした銀行内部の話。合併や経営統合に向けて裏方として頑張る主人公や部下たちの動きが、細かい描写によってリアルに浮き上がってくる。本当にその時の裏事情を知ってて...

      続きを読む
    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      竹中シリーズ。今回は銀行合併が主題となるとテーマ。経営統合の裏側の動きと行内人事面の機微をリアリティを持って描かれている。本当に細かいところまで描いてあって、銀行のというか会社組織の体系的人間関係の描...

      続きを読む
    • 2019/01/04Posted by ブクログ

      不祥事 → 役員刷新 → 総会突入、読むには時期的にピッタリ。(ま、もう総会担当じゃないんだけどね...)

      DKB がモデルとは初めて知ったけど、こないだの M のシステム障害とその後を思うと、また...

      続きを読む
    開く

    セーフモード