遺譜 浅見光彦最後の事件 下

著者:内田康夫

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    美貌のヴァイオリニスト、アリシアから「遺譜」捜索の依頼を受けた浅見光彦は、依頼の裏に戦前日本とドイツまで遡る陰謀があることに気づく。浅見家にも繋がる「遺譜」に隠された盟約と、陽一郎の暗躍。真相を確かめるため赴いたドイツで、アリシアの祖母から明かされた哀しい事実は浅見の大義と正義を揺るがす。70年の時を経て甦る陰謀に、浅見家の人間として下す究極の決断とは――。国民的名探偵が迎える衝撃的ラスト!

    続きを読む
    • 「浅見光彦」シリーズ 全 53 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「浅見光彦」シリーズ 全 53 巻

      30,734円(税込)
      307pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/03/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/03/26Posted by ブクログ

      青梅の山中で虚無僧姿の死体が発見された。
      ちょうど、「謎の黄金ルート」の取材で訪れていた浅見光彦が事件と出会う。
      黄金ルートは伊豆から青海、甲府と繋がり、事件の中心は伊豆へ。
      「失われた道」とのダイイ...

      続きを読む
    • 2009/03/24Posted by ブクログ

      カメラマンの小内美由紀は取材で訪れた長野で、自分と同じ名前の小内八幡神社を知り、訪れる。
      そこで、八幡神社を巡っているという飯島老人に出会う。
      その飯島老人が水死体として発見された。
      飯島老人の息子が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001786596","price":"748"}]

    セーフモード