後鳥羽伝説殺人事件

内田康夫

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一人旅の女性が古書店で見つけた一冊の本。だが、その本を手にした彼女は、広島県の芸備線三次駅で絞殺死体となって発見された。しかも、被害者の所持品に本は含まれていなかった。捜査が進むにつれ、被害者は浅見光彦の妹・祐子と8年前にこの地方を旅していて土砂崩れに巻き込まれ、一人生き残っていたことが明らかになる。“後鳥羽伝説”の地を舞台に再び起きた悲劇の意味は……。名探偵浅見光彦が初めて登場した記念碑的作品。

    続きを読む
    • 「浅見光彦」シリーズ 全 53 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「浅見光彦」シリーズ 全 53 巻

      30,734円(税込)
      307pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/03/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/03/26Posted by ブクログ

      青梅の山中で虚無僧姿の死体が発見された。
      ちょうど、「謎の黄金ルート」の取材で訪れていた浅見光彦が事件と出会う。
      黄金ルートは伊豆から青海、甲府と繋がり、事件の中心は伊豆へ。
      「失われた道」とのダイイ...

      続きを読む
    • 2009/03/24Posted by ブクログ

      カメラマンの小内美由紀は取材で訪れた長野で、自分と同じ名前の小内八幡神社を知り、訪れる。
      そこで、八幡神社を巡っているという飯島老人に出会う。
      その飯島老人が水死体として発見された。
      飯島老人の息子が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000127943","price":"550"}]

    セーフモード