父と子と 眠太郎懺悔録 その七

青島龍鳴

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    退魔師を統べる帝家と邪鬼を束ねる西の業界。共生関係を結ぶ動きに反発した幹部の裏切りで業界の新たな頭領となった黒鵡は明らかに敵対的となり、“柱神”と呼ばれる神クラスの邪鬼との正面衝突は避けられない情勢となった。そんな中、襲撃情報がリークされ、眠太郎は狸の硯治郎と転生した御嶽巴が待つ木霊寺に赴く。やがて襲い来たのは、かつての業界の女王の息子であり、その女王を殺害した張本人、狐の孔重丸と、巴を戦死させた蛇神貫禍、そして黒鵡の妻である畜兵琴理とその息子、鬼道介であった。御印破壊を狙う彼らと絶望的な戦いに挑む眠太郎たち。黒鵡と鬼道介、帝家当主である梅岩とその父、友源。父と子の哀しき想いが錯綜する。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード