思い出のとき修理します3 空からの時報

谷 瑞恵

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    穏やかに交際を続ける明里と秀司。ある日「秀司の時計店を女が手伝っている」と教えられた明里は、店で骨董店の娘・郁実と出会う。東京での仕事を辞めて帰ってきたという彼女は、商店街のお祭り準備で秀司が不在がちの今だけ、店番をしているのだという。自分と境遇の似た彼女に共感を覚えつつも、秀司との関係に少しだけ不安を感じて……。切なく温かく、心を癒やす連作短編集、シリーズ第3弾。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード