【最新刊】読書力

読書力

齋藤 孝

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本を読むことの意味は何?案外答えにくい問いに,「読書によって…の力がつく」という形で答えていきます.コミュニケーションの力,人間を理解する力,さらに,自分をつくり,鍛え,広げることと,読書との関わりを示します.工夫や注意点,楽しみと辛さも述べて,活字離れの現代,あらためて読書の本質を考える1冊です.

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    岩波新書
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ・要約をいえることが読んだということ
      全体の半分しか読んでいなくとも,その本の主旨をつかまえることは十分にできる.
      およそ半分以上に目を通し,要約が具体例を含んで言えるのならば,「その本は読んだ」とい...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      良書。自己形成やコミュニケーション力の向上のために、緊張感を持って本を読み、自分を鍛えたいと思った。日本人の読書習慣の歴史については初耳。江戸から明治時代にかけての識字率及び読書の質の高さ、大正時代の...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ・自分で書くレベルにある人は絶対読書習慣を持っている。書くことは読むことの氷山の一角だから。
      ・読書は、思考力を鍛え、人間を作るもの。素地を作るのに役立つ。
      ・ライブで聞くより、構成や緻密であり、情報...

      続きを読む
    開く

    セーフモード