【最新刊】動物農場

動物農場

ジョージ・オーウェル作/川端康雄訳

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    悪い人間を追い出してけものたちが築くユートピア.「すべての動物は平等である」と七戒を掲げ,革命歌のもと産声をあげた動物農場.だがやがて,ぶたたちの奇妙な振舞が始まる──ソビエト神話の実態を知らせ,スターリン体制の粛清を暴いた,『一九八四年』と並ぶオーウェル(1903-1950)の名高い寓話.

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/08/18Posted by ブクログ

      人間を追い出して動物たちで自治を始めた「動物農場」だが、自治が進んだ先には…というおとぎばなしを通して、ソビエトの共産主義体制をやゆした話。

      話はおとぎばなしなので、小学校高学年〜中学...

      続きを読む
    • 2014/12/12Posted by ブクログ

      ジョージ・オーウェル「動物農場 おとぎばなし」岩波文庫 赤262-4

      「よつあしいい、ふたつあしだめー!」
      すべての動物の平等を謳って築かれた動物農場。

      人間に使われることなく、自分たちの幸せのた...

      続きを読む
    • 2009/09/27Posted by ブクログ

      なるけい氏のレビューを見て読みたいと思っていたところに、ゼミで文献紹介をしなきゃいけなかったので、なるけいレビューをコピペしてゼミ内で紹介したらそのまま後期に読む本として採用されたという本(笑)だから...

      続きを読む
    開く

    セーフモード