三銃士 上

デュマ著/生島遼一訳

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    デュマは旺盛な筆力をもって生涯に小説だけでも二五七巻に及ぶ作品を書いたが,『三銃士』はなかでも世界中の人々にもっとも愛された小説である.個性豊かな四人の銃士と彼らを結ぶうらやましいまでの友情,危機にのぞんで男らしく颯爽と行動するそのさわやかさ.この若々しい男性的ロマンにはつきせぬ魅力がある.一八四四年.

    続きを読む

    レビュー

    • 2006/11/21Posted by ブクログ

      ガスコーニュの田舎から出てきた勇敢で、しかし愚かではない青年剣士ダルタニャンと三者三様の個性ある三銃士との友情と冒険の物語。敵役のリシュリューの人物造型も素晴らしく、文豪デュマの力量に感服。同作者の「...

      続きを読む
    • 2009/08/02Posted by ブクログ

      『モンテ・クリスト伯』といい、『三銃士』といい、本当に、昔の、しかも、フランスの文学とは思えないほど、面白くて、アレクサンドル・デュマ氏にはこのような素晴らしい作品を多く遺して頂いたことを心から感謝し...

      続きを読む
    • 2007/03/10Posted by ブクログ

      アニメ三銃士ではまってこの原作本を読みました。やっぱり三銃士はおもしろいですね、ダルタニアンと三銃士の活躍もいいですが、ローシュフォール伯爵とリシュリュー閣下もいい味を出していますね。 『三銃士』、実...

      続きを読む
    開く

    セーフモード