【最新刊】三銃士 上

三銃士 上

1冊

デュマ著/生島遼一訳

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    デュマは旺盛な筆力をもって生涯に小説だけでも二五七巻に及ぶ作品を書いたが,『三銃士』はなかでも世界中の人々にもっとも愛された小説である.個性豊かな四人の銃士と彼らを結ぶうらやましいまでの友情,危機にのぞんで男らしく颯爽と行動するそのさわやかさ.この若々しい男性的ロマンにはつきせぬ魅力がある.一八四四年.

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    岩波文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    21
    5
    6
    4
    10
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/26Posted by ブクログ

      元祖キャラクター小説!今や登場人物達が魅力的なのは当然のことだが、150年前の小説でこんなにも個性豊かなキャラクターで溢れているのはデュマならではといったところか。現代のマンガやラノベを呼んでいるかの...

      続きを読む
    • 2018/08/26Posted by ブクログ

      (上下巻通しての感想です)

      「三銃士」と聞いて真っ先に浮かぶのは、小学生の頃にNHKで放送されていた『アニメ三銃士』。オープニングでかかっていた酒井法子の「夢冒険」は鮮明に覚えているものの、本編の内...

      続きを読む
    • 2016/05/08Posted by ブクログ

      チャーンス! ~ガスコーニュから出てきた貧乏貴族の倅・ダルタニャンはルイ13世の下の銃士隊に入って出世の糸口を掴もうとするが,アトス・アラミス・ポルトスと知り合う。リシュリューは王と王妃を離反させよう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード