【最新刊】介子推

介子推

1冊

宮城谷昌光

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    山霊がつかわした青年、長身清眉の介推は、棒術の名手となって人喰い虎を倒した。やがて、晋の公子重耳に仕え、人知れず、恐るべき暗殺者から守り抜くが、重耳の覇業が完成したとき、忽然と姿を消した。名君の心の悪虎を倒すために……。後に、中国全土の人々から敬愛され神となった介子推を描く、傑作長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/08速雄
      読後の清涼感

      個人的な評価ですが、日本歴史ならば司馬遼太郎さん、古代中国歴史なら宮城谷昌光さん、と思っています。

      中国の春秋戦国時代、2番目の覇王「重耳(ちょうじ)」を援けた「介子推(かいしすい)」の物語です。
      ...

      続きを読む

    セーフモード