【最新刊】本当に恐ろしい殺人鬼の世界史

本当に恐ろしい殺人鬼の世界史

1冊

著者:桐生操

701円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代ローマから20世紀アメリカまで、猟奇殺人鬼、大量殺人鬼、人肉供食鬼、毒殺鬼や女独裁者など、権力のほしいままに、あるいは自らの衝動のおもむくままに残忍な殺戮をくりひろげた殺人者たち。本書は、歴史の裏面を鋭く描くことで定評のある桐生操氏が、夜な夜な繰り広げられる血の饗宴に魅せられた殺人者たちの肖像を綴った、めくるめく戦慄の殺人百科である。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    中経の文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/10Posted by ブクログ

      「本当は恐ろしいグリム童話」と一緒に並んでいるのを見つけ、恐怖心を高めたくて購入(笑)
      残酷な殺人鬼の心理状況。
      それこそが本当に恐ろしいと思いました。

    • 2011/11/20Posted by ブクログ

      これまた知った名前ばっかりだ。なんでだろう。「世界凶悪事件検定」とかあったら3級くらい受かってしまいそうじゃないか。どうですか履歴書に。絶対嫌だ。

      とかいう自問自答をしつつ寝たら夢にナイフを持った男...

      続きを読む

    セーフモード