【最新刊】世界一わかりやすい会計の授業

世界一わかりやすい会計の授業

著者:林總

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』など、ベストセラーを次々と刊行してきた林總氏。本書では、これまでのノウハウを1冊にギュッとまとめ、「仕事で使える会計」をどこよりもわかりやすく教えます!本文では、・ホテルの宿泊料がシーズンで大きく変わる理由・ボジョレーヌーヴォーはどうして儲かるのか?・なぜ、新幹線はスピードアップを目指すのか?といった身近なビジネスケースを取り上げながら、会計をビジネスで「操る」の6つのポイント、1会計にダマされるな(会計を操るための心得)2決算書は「レントゲン写真」と心得よ(財務諸表の着眼点)3利益を追うな、「現金」を追え(キャッシュフロー経営の極意)4司令塔に「情報」を集めよ(「経営ダッシュボード」の構築)5CVP分析で「会社のムダ」を見つけろ(損益分岐点分析のしかた)6「時間」がビジネスを制する(会計の新しい視点)について解説しています。会計の知識がない初心者でも会計の基本から実践までわかる会計の決定版です!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2016/04/23Posted by ブクログ

      会計情報は大事だがそれですべてが分かるわけではないという話。異常なデータや変化点にたいしてはその理由を現場で起きていることで解析しないと改善できないというお話し

    • ネタバレ
      2017/06/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A000127001","price":"1540"}]

    セーフモード