図解 ソーシャルメディア早わかり

著者:松村太郎 著者:徳本昌大

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年2月12日に、エジプトではムバラク政権が崩壊しました。この民主化運動の原動力になったのが、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアです。また、東日本大震災直後から、節電キャンペーンや安否確認にもソーシャルメディアが積極的に活用されるようになっています。そして、ソーシャルメディアはいよいよビジネスの領域でも存在感を発揮し始めました。本書は「ソーシャルメディア?よくわからない…」という人のために、「ソーシャルメディアとは何なのか?」「ソーシャルメディアは個人や社会やビジネスをどう変えるのか?」「これからのソーシャルメディアはどうなっていくのか?」といったことを中心にわかりやすく図解つきで説明しています。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/06/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/03/31Posted by ブクログ

      流し読みでも充分なほど分かりやすく、ソーシャルメディアについて解説している。単なる道具としてのネットではなく、人と繋がる架け橋にネットを活用しようと訴える内容は興味深い。ただ、「ネットで成功している人...

      続きを読む
    • 2011/11/06Posted by ブクログ

      今隆盛をしている『ソーシャルメディア』を解説したものです。概要を知るには非常にわかりやすく、またお勧めの本です。 ちょっとソーシャルメディアの勉強のために手にとって読んでいました。

      僕も今までここに...

      続きを読む
    開く

    セーフモード