【最新刊】オードリー・ヘップバーンという生き方

オードリー・ヘップバーンという生き方

1冊

著者:山口路子

806円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「永遠の妖精」と謳われ、いまもなお世界中から愛されている女優、オードリー・ヘップバーン。コケティッシュな笑顔、洗練されたスタイル、二度の結婚、二人の息子たち、そして晩年のユニセフ親善大使としての慈善活動。ブレのない完璧な人生。けれどその陰で彼女は不合理なほどに愛情に飢え、悲しみを抱えていた……。ヒット作『ココ・シャネルという生き方』の著者がオードリー語録とともに気品あるスタイルを描き出す、あたたかな色彩にいろどられた一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    新人物文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.4
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/13Posted by ブクログ

      年末年始の休みに何か読みたくて、TSUTAYA代官山店で購入。オードリーは中学生の時から大好きな女優さん。改めて彼女の生き方を辿ると、昔とは違う共感の仕方があり面白い。高潔だけど親しみやすさを合わせ持...

      続きを読む
    • 2014/04/07Posted by ブクログ

      今までオードリーに対しては華やかなイメージしかなかったが、彼女の人生における困難や葛藤などを知り、それらの様々な経験が魅力的な女性を作り出しているのだと思った。
      また、オードリーがユニセフの活動に積極...

      続きを読む
    • 2014/03/03Posted by ブクログ

      コンプレックスをなくす努力をすることよりも、受け入れること。

      生き残るスターはやっぱり図太い芯がある。

    開く

    セーフモード