東大生が育つ家庭のルール

編著:東大家庭教師友の会

540円(税込)
ポイント 5pt

国内最高学府として君臨する東京大学。この超難関大学に入学できるような子は、両親からどのように育てられたのだろうか?本書では、現役東大生200人から徹底リサーチ。彼らを“一流の頭脳”へと育てた家庭の秘密を大公開します。「見たい番組が終わったらテレビの電源はOFFにする」「食事で出されたものは、感謝して残さず食べる」「遊びは宿題をすべて終わらせてからでないとNG」「こづかいは『お手伝いの報酬性』」「学年が1つ上がる時期に、年度目標を設定する」など、勉強時間や遊びのルールからおこづかいの設定方法まで、我が子を頭のいい子に育てるための秘訣が満載。「夢の東大合格」へと、一歩前進できる本。

続きを読む

レビュー

4.3
3
5
1
4
2
3
0
2
0
1
0
  • 2015/01/15Posted by ブクログ

    巷の子育て本に通じる点が多く含まれていることはもちろん、お小遣いの項では予実管理、B/S,P/L,稟議、プレゼン、進捗管理などをさりげなく実践している事例は興味深い。 子どもが自律前進するヒントがいっ...

    続きを読む
  • 2014/03/06Posted by ブクログ

    今回は子育てジャンルの中から紀伊國屋書店でマークされていた本を♡ 一度はこの手の本を読んでみたいと思っていました。 我が子を東大生にしたいとは全く思っていませんが(その前に行けない(笑))、 子育ての...

    続きを読む
  • 2013/02/17Posted by ブクログ

    東大に入る生徒の家庭はさまざまであるが、本の中ではあまり教育熱心な家庭はなかった。基礎能力が高く、言われたことがすぐできる子供が多いともいえる。印象としては小さい時のしつけはしっかりしているが、小学校...

    続きを読む

セーフモード