【最新刊】新教養としてのパソコン入門 コンピュータのきもち

新教養としてのパソコン入門 コンピュータのきもち

著者:山形浩生

796円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    パソコン・オタクの方々が、なぜにマニュアルも読まずにパソコンが使えてしまうのか?それは「コンピュータのきもち」がわかるから。本書は、ふつうの人々に「コンピュータのきもち」を説くことで、マニュアル不要のパソコン術を伝授する“超“パソコン入門書。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 新教養としてのパ...
      2015/01/13

      書き言葉にクセがあるので、そのあたりは好みが分かれそうな著者。
      だけど内容は親切でコンピュータの気持ちから状況説明してくれているので、コンピュータ苦手な人にも入りやすくなっている。
      これを教科書にして...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新教養としてのパ...
      2010/05/30

      [ 内容 ]
      パソコン・オタクの方々は、なぜにマニュアルも読まずにパソコンが使えてしまうのか?
      マニュアル不要の「パソコン術」はオタクに学べ。

      [ 目次 ]
      なぜパソコンはこんなにめんどうでわかりに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 新教養としてのパ...
      2013/12/28

      マルチな文筆活動をされているエンジニア(?)山形浩生氏による「パソコン入門」です。購入当初は流し読みで終えていたのですが、中小企業診断士試験の経営情報システム科目にかかわる記述(OSI参照モデル等)が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード