【最新刊】生き残るメディア 死ぬメディア 出版・映像ビジネスのゆくえ

生き残るメディア 死ぬメディア 出版・映像ビジネスのゆくえ

1冊

著者:まつもとあつし

802円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    丹精込めて作り上げたコンテンツもネットに乗れば限りなく価値がゼロに近づき、従来の「良い物を作って、適正な価格で売る」方法では利益を上げられなくなっている。この変化のなかで収益を目指すためには、どこで回収を図ればよいのだろうか?自らもコンテンツプロデューサーである著者が、メディア転換期の今、新しい制作・流通体制に取り組む先駆者にそのメカニズムとあり方を聞き、今後の道筋を照射する。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    3.7
    8
    5
    3
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/19Posted by ブクログ

      コンテンツビジネスを読み解くには、
      1.コンテンツが手元に届くまでのプロセスを整理するバリューチェーン
      2.視聴するタイミングと価格を組み合わせるウィンドウウィングモデル
      3.映像だけが商品ではないグ...

      続きを読む
    • 2012/10/04Posted by ブクログ

      テレビはオワコン!これからはソーシャル!そんなことは全く書いてないです。
      ネットメディアのパラダイムシフトについて、前半は電子書籍、後半は映像コンテンツについて述べられている。
      前半は電子書籍のフォー...

      続きを読む
    • 2012/08/09Posted by ブクログ

      インタビュー集に付けるには大層なタイトル。こうして電子出版業者の言を一列に並べてみると、どこも「利便性を維持しながらコンテンツを守れる」「ソーシャルな体験が可能となる」「新しいプラットフォームになる」...

      続きを読む
    開く

    セーフモード