【最新刊】次に不足するのは銅だ メタル資源の限界

次に不足するのは銅だ メタル資源の限界

1冊

著者:谷口正次

812円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    メタル資源の「真の問題」は、レアメタルではない!”産業の血管”である銅さえも、明らかに生産のピークを迎え、日本が自ら手を汚すことなしにメタル資源を買い付けられた時代は過ぎ去った。あらゆるメタルを爆食し世界中の鉱山を買い占める中国と、超大型合併で寡占が進む資源メジャーが死闘を繰り広げる中、日本はどのようにして「ものづくり」を続けていけばいいのか?新しい資源ナショナリズムと資源獲得競争の中、日本の生き抜く道を探る。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/05/06Posted by ブクログ

      アンチモンやタングステンは、中国が世界の産出量の90パーセント。資料として読むには良いが、電車で読書をするには向かない。そして、資料としてももはや古く、残念ながら価値が下がってしまった。

      成長の限界...

      続きを読む
    • 2009/01/22Posted by ブクログ

      北朝鮮の鉱物資源開発に投資するのも将来的にはあり得る話かもしれないと思うようになってきた。でも多分日本は品格があり過ぎてこういうワイルドな仕事は難しいんだろうなーと思った。
      よく報道されているストレー...

      続きを読む
    • 2009/01/16Posted by ブクログ

      この筆者、本当に金属資源業界を知っているのだろうか・・・?
      メタル・ウォーズもお粗末だったが、同じくらいこれもひどい・・・。

    セーフモード