【最新刊】カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。

カラー版 カメラは知的な遊びなのだ。

著者:田中長徳

1,026円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    写真は最初の一枚に真実がこもっている。ファインダーばかり覗いてないか?液晶モニターが付いていると、ついつい構図が気になってカメラアングルに凝ってしまう。しかし、稀代のライカ博士に言わせると「ファインダーは見てはいけない」。ファインダーを見て考えすぎると、物事の本質はどんどん逃げていくから??。充実した大人のカメラ生活を送るための、チョートク流デジカメ指南。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      語り下ろし本のせいか、さらっと読める。主張が前に読んだのとほぼ同じということもあるのかもしれない。

      まあ、カメラ指南については、カメラマンだからこそ言える、という面もあると思うが、
      散歩カメラなどは...

      続きを読む
    • 2011/02/27Posted by ブクログ

      2回目。
      2時間くらいで読んでしまった。

      たぶん前読んだのは写真を撮り始めて少したった2年くらい前かな。

      「こんなリスクルーフの時代だからこそ、私は、無駄でリスキーな部分ってすごく大切だと思うんで...

      続きを読む
    • 2009/03/06Posted by ブクログ

      2008/8/9 新大阪駅のBooks Kioskにて購入
      2009/3/5〜3/6

      現在のデジカメの楽しみ方に一石を投じている。この本を読むと素人のスペックオタク振りに気づかされる。良い写真とは何...

      続きを読む
    開く

    セーフモード