【最新刊】オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション

オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション

1冊

著者:田中愼一 著者:本田哲也

817円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    バラク・オバマがアメリカ初の黒人大統領となった2008年11月の米大統領選は、積年の人種的対立を超えたのみにとどまらず、「長く政府不信に陥っていたアメリカ国民を“何か“が大きく動かした」という点で、大きな革命であった。本書ではその“何か“を解く鍵がオバマのコミュニケーション戦略にあると捉え、その実態に迫ることで、3億人のアメリカ国民をも大きく動かすことができるコミュニケーションの“チカラ“を、ビジネスパーソンが日々の課題解決に資する有効な“チカラ“としてどのように使いこなすことができるのか、その考え方を紹介する。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    3.2
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/02Posted by ブクログ

      オバマが如何に戦略的に大統領選挙を戦ったのかがよくわかる。相手を非難せず自分の主張を直接的に押し付けることはせず、好感度を落とさないことで自発的な支持者を獲得した。自分が他者にどう写るか、どうインフル...

      続きを読む
    • 2012/02/19Posted by ブクログ

      2012.02.14 これまでの大統領選(競合相手を否定し自身を肯定するような・・・)とは違った、アメリカの原点を・・・先人の功績をたたえ、自分たちにもできる(YES WE CAN)と訴える共感のコミ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード