使ってもらえる広告  「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション

著者:須田和博

817円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    広告がもう「見てもらえない」としたら?もっと生活の奥深く入りこみ、消費者と「つながる」には?本書では、サービスとしての広告を開発し、身近なところから実感を持って生活者=ユーザーと「キズナ」をつくり上げる「使ってもらえる広告」を提案する。グラフィック、テレビCM、ウェブ……すべてを経験してきた人気クリエイティブディレクターが語る「広告の最前線」。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/07/18Posted by ブクログ

      mixi年賀状だとか、ファイブミニの体内怪人だとか話題のコミュニケーションを開発してきた人の著書。

      コミュニケーションの中心がメディアからコンテンツへ移っていっている。
      なんて論調が顕著だった2、3...

      続きを読む
    • 2013/04/05Posted by ブクログ

      広告に対してまさに思ってるモヤモヤが一気に晴れた感じ!

      個人的に、
      好きなドラマを録画しながらあえておっかけ再生してCM飛ばして見るし、
      ネット広告バナーじゃまだなぁ〜、
      Youtubeの広告動画早...

      続きを読む
    • 2010/09/02Posted by ブクログ

      今さらですいませんシリーズpart2。
      タイトルから、だいたいこんな内容なんだろうな~
      と類推してわかった気になっていましたが、
      本当そんな風に思ってた自分が恥ずかしすぎて土下座したいです。
      予想して...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000125785","price":"817"}]

    セーフモード