知らないではすまない中国の大問題

著者:サーチナ総合研究所

817円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    秒読みに入った(?)中国の不動産バブル崩壊は、再び世界経済を大恐慌に陥れるのだろうか!?国内・国外に多くの問題を抱えながらも、アメリカのサブプライム問題に端を発する世界同時不況からいち早く抜け出して成長路線を進む超大国。グーグルの撤退、ソースコードの強制開示要求、相次ぐ世界企業の買収、アニメ文化の振興、ネット通販文化の浸透など、気になる話題を中国人の世界観・日本観を踏まえて解き明かす。現代中国の現実を中国ネットのブログや44万人モニターを駆使した最新情報から解き明かす。

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/03/23Posted by ブクログ

      中国総合情報サイト、サーチナの記事を多数引用し、現代(2010年)の中国の実情・問題点を、さまざまな論点から読み解いています。
      「下水油」など、知り合いが言っていても信じがたいことが、この本に書いてあ...

      続きを読む
    • 2011/03/22Posted by ブクログ

      記憶に新しい中国ニュースが、とても分かりやすく紐解かれてスッキリと読めました。
      尖閣諸島やその後の反日デモへと続き、東北関東大震災を経た日本との関係についても解説される続編の出版も期待したいですね。

    • 2010/10/28Posted by ブクログ

      サーチナ総合研究所著「知らないではすまさない中国の大問題」アスキー新書(2010)
      *SBIホールティングスの北尾CEOを取締役会長に迎えたサーチナは、04年に創設したサーチナ総合研究所をコアに、中国...

      続きを読む

    セーフモード