【最新刊】中国はなぜ無茶をするのか 知らないではすまない中国の大問題2

知らないではすまない中国の大問題

2冊

著者:サーチナ

817円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    領土・領海問題、国連安保理決議違反、海外企業の買収やシェア拡大、知的所有権・商標権訴訟問題などなど。経済と軍事の拡張を背景に国際社会での存在感と発言力を増す中国。それゆえに増え続ける外交上の軋轢。中国の実像を「サーチナ」がもつ豊富なデータを駆使して、外交戦略から読み解く42の論点。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    4
    3
    5
    0
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/11/10Posted by ブクログ

      中国は中国共産党が支配する国。
      尖閣諸島は中国にとっては外交上の大失敗。
      中国の歴史教育をつかさどっているのは言うまでもなく中国政府。その中国政府を指導しているのが中国共産党。
      中国ではジャッキーチェ...

      続きを読む
    • 2013/03/23Posted by ブクログ

      中国総合情報サイト、サーチナの記事を多数引用し、現代(2010年)の中国の実情・問題点を、さまざまな論点から読み解いています。
      「下水油」など、知り合いが言っていても信じがたいことが、この本に書いてあ...

      続きを読む
    • 2011/03/22Posted by ブクログ

      記憶に新しい中国ニュースが、とても分かりやすく紐解かれてスッキリと読めました。
      尖閣諸島やその後の反日デモへと続き、東北関東大震災を経た日本との関係についても解説される続編の出版も期待したいですね。

    開く

    セーフモード