【最新刊】謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎

謎解き 関ヶ原合戦 戦国最大の戦い、20の謎

1冊

著者:桐野作人

822円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    慶長5年(1600)9月15日、徳川家康と石田三成が覇権をかけて戦った関ヶ原の戦い。豊富な史料や研究所などを読み解いていくと、家康の会津征伐、義に殉じた大谷吉継の西軍加担、島津義弘の戦闘不参加、小早川秀秋の日和見などの通説が覆される。はたして諸将の思惑や作戦とは──天下分け目の関ヶ原合戦の全容がいま明らかに!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    3
    6
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/07/14Posted by ブクログ

      所在  :展示架
      請求記号:210.48/Ki54
      資料ID :11400411
      選書担当:豊田

      後に夏の陣と並び戦国時代最大の戦いとされる「関ヶ原の合戦」。例の武将さえいなければ西軍は勝てたと言わ...

      続きを読む
    • 2014/06/09Posted by ブクログ

      豊臣秀吉死去から関が原の戦いまでを丹念につづった一冊。

      今まで何となく徳川家康と石田光成の人望の統率力の差、そして小早川秀秋の裏切りによって決したと思ってたのが覆された。
      実際は双方共にミスを重ね、...

      続きを読む
    • 2012/05/12Posted by ブクログ

      「関ヶ原島津退き口」を読んで、すごく関ヶ原に興味を持ちこの本を購入。日本にとっては、非常に重要な勝負ではあるが、名勝負ではない。なぜか?理由がわからなかった。
      子供のころの喧嘩の記憶は、非常に性格では...

      続きを読む
    開く

    セーフモード