【最新刊】死因を科学する

死因を科学する

1冊

著者:上野正彦

791円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「舌を噛み切っても死なない!?」「ゲップを我慢したら死ぬの!?」「なぜ雪山で眠ると死ぬの!?」……法医学の第一人者が、死にまつわる常識・迷信・疑問を一刀両断!知ってそうで意外と知らない、日常に潜む身近な“死の落とし穴”をあぶり出す。あなたの死生観がひっくり返る、目からウロコの死因解読書。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    アスキー新書

    レビュー

    3.6
    5
    5
    1
    4
    1
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      長年の監察医としての経験と、法医学の立場から
      実際に起こった事件を解き明かした一冊。

      一般に広く信じられている方法ではヒトはなかなか
      死なないことや、死体の色の変化、ファイティング
      ポーズを...

      続きを読む
    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      怖いもの見たさだったけれど、なんか変な本を読んでしまった。「死因」についてずらっと羅列するのだけれど、淡々としすぎてて、ほとんど印象に残らない。なんか定食屋のメニューを眺めている気分になった。
      著者は...

      続きを読む
    • 2017/12/10Posted by ブクログ

      前に読んだものと内容はほぼ同じ。死者の死因を解明すれば法医学者の仕事は終わりではない。数分の死亡時間の差が遺産問題を引き起こし、当たらな恨み、怒りを生み出す。だからと言って情で解決できるものでもなく、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード