【最新刊】はじめたばかりの浄土真宗

はじめたばかりの浄土真宗

1冊

著者:内田樹 著者:釈徹宗

539円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「〈知っていて悪いことをする〉のと〈知らないで悪いことをする〉のと、罪深いのはどちらか」。浄土真宗の意義と、仏教のあり方を問い直す、新しい仏教入門書。対談「いま、日本の仏教を考える」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      「倫理」と「常識」がおんなじで、コードを共有しないところで、判断をすることが、陳腐なこと、全く同感した。

    • 2013/07/04Posted by ブクログ

      業界では有名なようだけど、①悪いことと知っててすることと、②知らないですることは、どちらが悪いのか、という話は面白かった。当然、①と思いきや、答えは②という話。なぜか。①は悪を改める可能性があるから、...

      続きを読む
    • 2013/01/15Posted by ブクログ

      [2013-01-15]
      1回目読了。
      学習することの目的は、自己の相対化。
      =仏教にいう「空」。
      =ニーチェにいう「ニヒリズム」。
      それは、知性の「節度」だし、
      あるところでは「倫理観」と言い換えら...

      続きを読む
    開く

    セーフモード