【最新刊】はじめたばかりの浄土真宗

はじめたばかりの浄土真宗

著者:内田樹 著者:釈徹宗

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「〈知っていて悪いことをする〉のと〈知らないで悪いことをする〉のと、罪深いのはどちらか」。浄土真宗の意義と、仏教のあり方を問い直す、新しい仏教入門書。対談「いま、日本の仏教を考える」を収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/12
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.3
    8
    5
    0
    4
    3
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/06/03Posted by ブクログ

       これ実は単行本で別の名前ででていて、あとがきに内田さんが注意しているのに、また、文庫本で買ってしまった。

       なんか、宗教の本に惹かれるところに自分の弱さや疲れが感じされるが、あまり自分を責めないで...

      続きを読む
    • 2012/06/30Posted by ブクログ

      あの世からこの世、彼岸と此岸、hereとthere、これら遠く離れたところを行き来して、物事を見つめようというのが宗教性なんですな、と理解。客観視の究極の形か。

      また、善業を積み重ねることで浄土にい...

      続きを読む
    • 2012/06/15Posted by ブクログ

      実に刺激的で面白い。身を乗り出したくなるような話題が次々登場するので、一気に読んでしまった。

      ・「尊師は空を飛ぶんです」と言うオウム信者の若者に対してどう応ずるのがいいのか。

      ・「創世記」の「イサ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード