こころに効く「断捨離」

著者:やましたひでこ

628円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私たちは「モノが溢れて息がつまりそう」だとか、「閉塞した人間関係で、気持ちが萎えたまま」だとか、とかく心に重荷を抱え込んでしまっています。モノの片づけ術と思われがちの「断捨離」ですが、実は“思考の片づけ術”。負荷となっている問題そのものより、そこにとらわれている心のズレに焦点を当て、目には見えない心を整理していく。問題への心の固着を取り除き、ブレている心の軸を元に戻すことで、重い心が軽くなることを伝えます。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/03/12Posted by ブクログ

      =むやみに物を捨てるのが断捨離ではありません。
      断捨離とは、モノをとおして自分と向き合い、
      自分の軸を再構築していくこと。

      自分が何を必要とし、何をふさわしいとし、
      何を心地よいとするのか、かんがえ...

      続きを読む
    • 2014/08/13Posted by ブクログ

      相手への期待について知りたくて読書。

      断捨離の応用版。断捨離の哲学性、奥深さを感じる。

      前書から読んでいくと道筋が見える。

      相手への一方的な期待が精神面や人間関係へ影響を与える。
      相手へ期待する...

      続きを読む
    • 2012/06/24Posted by ブクログ

      自分の軸を取り戻す。自分の軸に戻る。
      ものごとを 断・捨・離 のように 3つに分けて考える。
      この「こころに効く」版では「捨てる技術」については語られていない。

    開く
    [{"item_id":"A000125283","price":"628"}]

    セーフモード