【最新刊】黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い

黄昏色の詠使い

10冊

著者:細音啓 イラスト:竹岡美穂

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    “キミが来てくれるのを信じてる”--そう告げて消滅したクルーエル。彼女を救うためセラの塔へ挑むネイトを待っていたのは、“名詠式が存在する世界そのもの”だった--。詠う召喚ファンタジー、クライマックス!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/05
    連載誌/レーベル
    富士見ファンタジア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル

    レビュー

    4
    118
    5
    39
    4
    42
    3
    35
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/14Posted by ブクログ

      黄昏色の詠使い2巻
      今回はクラスメイトのエイダのお話。
      ファンタジーだけど子供たちが悩み成長するかわいらしいお話だと思います。
      詩は個人的に苦手なので、残念ながら名詠の素晴らしさに共感できていません。...

      続きを読む
    • 2016/05/12Posted by ブクログ

      黄昏色の詠使い 1巻

      名詠と呼ばれる魔法のような技術を学ぶ学校でのお話。
      読みやすかったし、好きな感じでした。
      イラストが好きで読んだ人から薦められての出会いでしたが、続きも読もうかと思います。

    • 2016/03/01Posted by ブクログ

      幻の、夜色の名詠式を完成させることを夢見た少女と、その夢を応援しながらも一流の名詠士になった少年、かつては同じ学び舎の同級生だった2人。少女のその後の行方は誰も知らない。そこから、物語は始まる。

      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード