カーテンコール【イラストあり】

津島澪

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    柏木愁弥が親友と二人きりで支えている大学の演劇部『慧』に、入部してきたのは、城下青という関西弁の美少年。新人に似合わないずけずけとした物言いは、確かな演劇経験に裏付けされていて、愁弥は初日から振り回されっぱなし……。青の入部に伴い、廃部寸前の演劇部の存続をかけた『レベッカ』の公演が決定する。練習は順調だったが、愁弥は自分が作・演出でありながら、青の手のひらの上で踊らされているような気持ちになっていく。「俺は、柏木さんの書いた人物を自分の肉体、使うて再現してるだけや」と青は言うが、愁弥は納得できない。その上、ゲイだという青に「な、いっぺんためしてみ?」と迫られ、愛撫を許してしまう。身体は快感を得たが、男同士のつきあいには踏み切れず、さらに悩みを抱える愁弥。そんな時、公演予定だったホールが手違いで使えなくなるという事態になり、公演そのものが危ぶまれることに……。※本作品はイラスト入りです。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000123772","price":"440"}]

    セーフモード