【最新刊】STEINS;GATE‐シュタインズゲート‐ 円環連鎖のウロボロス2

シュタインズゲート 円環連鎖のウロボロス

著者:海羽超史郎 原作:5pb.×ニトロプラス カバーイラスト:huke

1,078円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    椎名まゆりに降りかかる“悲劇”を防ぐためタイムリープを決行した岡部倫太郎。彼が世界線の果てで真実を掴む時、新たな「運命石の扉」が開かれる。全ての謎が「収束」するもう一つの「シュタイズ・ゲート」完結編!本書は、電子書籍の仕様用に改行等の文章表現を一部変更しております。予めご了承ください。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/05
    連載誌/レーベル
    富士見ドラゴンブック
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • シュタインズゲート 円環連鎖のウロボロス 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      シュタインズゲート 円環連鎖のウロボロス 全 2 巻

      1,936円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      2012/05/13
      【好き】やっと読み終わった。 原作のゲームをなぞっているとはいえこの巻は途中からかなり違った展開になっていたのでついていくのが大変だった。 タイトルの円環連鎖~にかけて最後の着信...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      秋葉原の片隅にある、「未来ガジェット研究所」通称「ラボ」
      電子レンジと携帯を組み合わせた「電話レンジ(仮)」
      ひょんなことから、過去へメールを送ることができることがわかる。
      そこから、ひろがり、ついに...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      非常に厚いです←
      でも次から次へと引き込まれるので思ったよりさくさく読めます。
      イラストも前巻より見やすく綺麗になっていましたね。
      もしかしたら原作を一度プレイしてから読んだほうがいいかもしれないです...

      続きを読む
    開く

    セーフモード