【最新刊】槍の文蔵江戸草紙 命の女

槍の文蔵江戸草紙

千野隆司

622円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新見文蔵は槍の遣い手で料理上手。嫁入りを控えた江戸・日本橋の船宿の娘が、突然、姿を消した。彼女にぞっこんだった新米の岡っ引き・丹次は、女衒の手に渡ったらしいお新を救い出すため、文蔵とおみくじ売りのおけいと共に、浅草界隈を命懸けで奔走する!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/04/05
    出版社
    学研
    ジャンル
    歴史・時代
    • 槍の文蔵江戸草紙 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      槍の文蔵江戸草紙 全 3 巻

      1,866円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    • 2011/04/02Posted by ブクログ

      シリーズ第一弾
      槍の得意な田舎侍新見文蔵の物語
      料理が得意であり、短編三話構成のせいか、勘が鋭い
      おみくじ売りおけいが今回の中心、登場人物の配置もいい

    • 2011/03/27Posted by ブクログ

      第二弾
      初めて読むシリーズ、得物が槍といのも面白い設定だが、携帯するには本当に不便であろうと思われるが!
      武家と浪人と商家、市井の人と配置良く行われている。
      今後、期待するとともに、1巻を早急に読もう...

      続きを読む
    • 2012/03/03Posted by ブクログ

      L 槍の文蔵江戸草紙1
      なんだろう、あまり魅力感じず。一応藩士なのにその設定はほぼ意味なし。何故藩士にしたの?料理の腕のため?立ち回りもいまいちだし槍もそんなに出番なし。ほかの登場人物も掘り下げずそ...

      続きを読む

    セーフモード