目を閉じればいつかの海

著者:崎谷はるひ イラスト:おおや和美

616円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    湘南のカフェレストランの店長・藤木聖司には、十九歳の時一方的に、恋人へ別れを告げた過去があった。それはエリートへの道を約束されている相手・嘉悦政秀の将来を思った、あえて露悪的な別れだったのだが、その十年後嘉悦が偶然藤木の店を訪れたことで、ふたりは奇しくも再会してしまう。だが「お前を忘れられなかった」と告げる嘉悦の左薬指に、プラチナのリングを見つけてしまった藤木は……?──抗いながらも、溺れていくしかできない──もどかしくも狂おしい、大人の恋!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード