宮廷神官物語 書に吹くは白緑の風

著者:榎田ユウリ イラスト:カトーナオ

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    奇跡の力を見いだされ、王都へやってきた少年・天青。神官書生になるための試験で出会った、下働きの少年・燕篤との友情を描く外伝に加え、その後の物語を書き下ろしで収録!他作品も大幅改稿の上完全収録!!

    続きを読む
    • 宮廷神官物語 全 11 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      宮廷神官物語 全 11 巻

      5,654円(税込)
      56pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/30Posted by ブクログ

      待ってました、第5弾。他レーベルでの既刊はあるけれど、じっと我慢です。この表紙画がすきなので。

      前巻にて慧眼児勝負に負けてしまった天青は宮から追い出されてしまったものの、慧眼を御すべく修行をするため...

      続きを読む
    • 2012/04/10Posted by ブクログ

      苑遊がどうなるか、ずっと気になる所でした。鶏冠への執着はどこからくるのか、苑遊の過去には驚きました。そして、冒頭から鶏冠が記憶喪失とか。急な展開で驚いてばかりです。今回は苑遊がいいとこ全て持ってった!...

      続きを読む
    • 2018/11/02Posted by ブクログ

      慧眼児の存在をベールに包んでいるものの、城下では慧眼児の奇跡の眼の話題で持ちきり。そうなるとやはり出没するのは偽者である。
      雨後の筍のように巷に溢れたニセ者に頭を悩ませた藍晶王子の苦肉の策(本人は面白...

      続きを読む
    開く

    セーフモード