超空母時代 日米土竜決戦

齊藤拓樹

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    山本五十六の奇抜な発想から誕生した日本海軍の秘密兵器、潜水空母「瑞鶴」と「翔鶴」は、真珠湾攻撃を成功裏に終えると長駆、米西海岸を目指し、「瑞鶴」はロサンゼルスを空爆で壊滅せしめ、「翔鶴」もパナマ運河のミラ・フローレス閘門の破壊に成功する!

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      無茶な設定の割には、なんか説得力を持って読ませる文体は個人的に好み。次こそは「大空母時代」の続巻を!欠点としては、ネタバレになるから巻頭は避けるにしても、図面は欲しいところ。そして、「実史では」「実史...

      続きを読む
    • 2012/07/09Posted by ブクログ

      下瀬火薬の改良版を登場させるとは。液化して発動機燃料にするというのも面白い。
      もともとTNTより強力、元が石油じゃなくて石炭。たしかに便利。
      火薬を元にドイツとの工業技術交流が進んでというのも良い設定...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000121768","price":"838"}]

    セーフモード