異戦関ヶ原7 戦国挽歌

中里融司

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    石田三成と徳川家康の対決はいよいよ山場を迎えようとしていた。伊達政宗を家康から引き離し、着々と最終決戦への準備を整える三成。一方、家康も己が設定した戦場へ三成を引きずり込み、得意の野戦を仕掛けて、徳川方に有利な合戦へ持ち込もうとしていた。しかし、家康のあざとい戦略は、少しずつほころびを生じ、徳川勢をじわじわ蝕んでゆく。最後まで義を貫く者、あるいは義に反して自己保身を企む者。大名たち各々の思惑が交錯する。関ヶ原に始まった、大八洲を2つに分けた両勢力の『対立は、両雄の再度の大激突を経て、予想外の終局を迎える!

    続きを読む
    • 異戦関ヶ原 全 7 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      異戦関ヶ原 全 7 巻

      6,545円(税込)
      65pt獲得

    レビュー

    • 2008/11/17Posted by ブクログ

      ラストです。
      自由度もファイナルです。究極的な意味で。

      もしかしたら、このシリーズ内で出た話題かもしれませんが、
      戦というのは開戦前から勝敗は決まっていて、戦は世間にそれを知らしめる為の段階、つまり...

      続きを読む

    セーフモード