闇の皇太子13 贖罪の花嫁

著者:金沢有倖 イラスト:伊藤明十

594円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    闇世界で箱入りに育ったブラコン弟・言に、京都の夏の代名詞“祇園祭”を案内しつつ、自らもお勉強中の后。そこへ、役小角がオモテの代表者である神代白を連れて現れた。小角が張った結界内で、言や主人想い(!?)の晴明にも聞こえないよう白が告げてきたのは……「オモテのバランスが崩れ始めている」。闇皇に相応しくないと宣言された后は──!?大人気陰陽バトルコメディ第13弾!!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/08/19Posted by ブクログ

      本屋徘徊中に偶然発見。この作者って結構執筆が早いのね
      霧砂の「お前、うざい」あれはよかった(笑
      黒の性別が気になるなぁ。華は晴明贔屓じゃなかったの?って思うくらい后への絡みが多い、晴明には注意ばかりに...

      続きを読む
    • 2012/08/11Posted by ブクログ

      相変わらずいろんな愛があふれていますね。ただ、どの愛もろくでもない表現法ですが。また、次巻を楽しみにします。
      后のファン(?)がどんどん増えていくのがすごい・・・。

    セーフモード