【最新刊】覇剣の皇姫アルティーナXIV

覇剣の皇姫アルティーナ

著者:むらさきゆきや イラスト:himesuz

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    無能や背信の指揮官に足を引っ張られつつも、軍師レジスの策により、アルティーナはエルトリア教国を降伏せしめた。しかし、元帥となった彼女に帰還は許されない。新皇帝ラトレイユからの勅命が下る。『ヒスパーニア帝国を征服せよ』命令には不服ながらも、第四軍は隣国へと侵攻した。大砲と小銃で圧倒するも、敵国には“神の子”と謳われし軍師がおり……!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー、第十四弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/10/30
    連載誌/レーベル
    ファミ通文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 覇剣の皇姫アルティーナ 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      覇剣の皇姫アルティーナ 全 15 巻

      9,471円(税込)
      94pt獲得

    レビュー

    • 2013/12/31Posted by ブクログ

      むらさきゆきやだし今回も幼女幼女してるんだろふひひ!ってな感じで読み始めてみたんだが、意外と本格派でしっかりした戦記ものになっていた。(まだ序盤だが)
      最近読んだラノベと比べてみると、鷹山誠一の「百錬...

      続きを読む
    • 2014/11/06Posted by ブクログ

      本編の前日譚と4巻の後日譚。

      ・~前夜~
      本編1間のさらに前、レジスとアルティーナが出会う前のお話。
      辺境連隊の司令官に任命されたばかりのアルティーナが、軍の横領事件に関わる。
      解決にレジスも絡む。...

      続きを読む
    • 2013/12/31Posted by ブクログ

      この軍師タイプの読書家主人公を見ていてなんとなく連想したのは、銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー。
      いや、さすがに銀英伝とは比較にならないほどラノベラノベしてるけど、まあちょっと連想しちゃうね。
      歴史から...

      続きを読む
    開く

    セーフモード