おこぼれ姫と円卓の騎士 13 再起の大地

著者:石田リンネ イラスト:起家一子

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは――。意味が分からぬまま都に戻ろうとした未来の女王レティ―ツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた! 何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め――兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて……!?

続きを読む

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/06/12Posted by ブクログ

    砂漠編後半です。
    疫病は仕組まれたものだった!?
    騎士たちが疫病で倒れる中で、決断をせまられるレティー様。その支えてくれるのはやっぱデュークなのであります。
    そろそろ物語での大きな変化が欲しいところ。...

    続きを読む
  • 2016/02/19Posted by ブクログ

    ウルク王国編終了。カリムの国父ってのが気になりますよ。国父って統治者、、、え、ウルクって女帝の国よね?このあたりのことまでは描かれないだろうから察しろってことでしょうか?(笑)しかし、最後にゼノンがま...

    続きを読む
  • 2016/01/22Posted by ブクログ

    前巻から引き続き、あれやこれやと大変憂慮する事態にレティは見舞われたけれど、最後にまさかまさかフリートヘルム王子のあの特技に持って行かれるとは!はぁ~脱力(笑)。ゼノンがフリートヘルム王子に狙いを絞っ...

    続きを読む

セーフモード