日本経済大消失 生き残りと復活の新戦略

日本経済大消失 生き残りと復活の新戦略

著:中原圭介

864円518円(税込)
ポイント 5pt

このままインフレに突入するくらいならデフレの方がマシだった!アベノミクスによる株高、円安に浮かれる日本経済。長いデフレの状態にあるからといって、現状で物価上昇を目指す金融政策を行うことは間違っている。デフレの本質は、国民の所得が下がり続けていること。所得の増加が伴わない状態での物価の上昇は、大多数の国民生活を苦しくさせてしまうだけで、それは、ここ数年の米国や韓国の状況を見ても明らかなのだ。しかし、今の日本では所得の増加はとても見込めない。では今の日本経済にとって本当に必要な事とは一体何なのか?日本経済復活のための必読書!

続きを読む

レビュー

2.7
4
5
0
4
1
3
1
2
2
1
0
  • 2013/07/09Posted by ブクログ

    読了。日本経済を支える自動車と家電の比較、アメリカのシェールガス革命、日本のこれからの成長産業として医療・農業・観光を挙げている。中原圭介の本やブログは大ファンだけど、いまいちかな。  今回この本は図...

    続きを読む
  • 2012/12/16Posted by ブクログ

    この作者にしては、今一。 日本の自動車メーカーは、家電メーカーとような衰退はしないだろうと予測。 トヨタは、将来的にはシエアをあげていくだろうと予測。 日本のデフレは「所得の減少」「消費の減少」「物価...

    続きを読む
  • 2012/12/16Posted by ブクログ

    この本の著者である中原氏が冒頭に書かれているように、これは彼が日本経済について初めて解説した本です。日本の業界において、電機メーカは勝者と敗者に二分される、自動車メーカはハイブリッド車を中心に強みを発...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード