【最新刊】明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

著:山田詠美

564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。それは幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた長男の死をきっかけに、母がアルコール依存症となり、一家の姿は激変する。「人生よ、私を楽しませてくれてありがとう」。絶望から再生した温かい家族たちが語りだす、喪失から始まる愛惜の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/10
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      それぞれが違う形で前のパートナーをなくした男女が再婚し、お互いの連れ子合わせて三人と、新しく出来た一人の子どもで、合計六人の家族が出来上がった。
      素敵な家に移り住み、家族仲も良好で、素晴らしいスタート...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      まさか山田詠美にここまで泣かされるとは思わなかった。
      読み終わるとただただ呆然としてしまい、しばらくたっても思い返すと涙がにじんでくる。
      彼女の作品は今まで恋愛ものしか読んだことがなかった。
      インテリ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      最初、書名を目にしたとき、つまらなそうだなって思った。山田詠美さんらしくない、と。さらに梨木香歩さんの(個人的に面白くなさすぎて困った)「僕は、そして僕たちはどう生きるか」を彷彿させるタイトルで全く期...

      続きを読む
    開く

    セーフモード