【最新刊】明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち

著:山田詠美

564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ひとつの家族となるべく、東京郊外の一軒家に移り住んだ二組の親子。それは幸せな人生作りの、完璧な再出発かと思われた。しかし、落雷とともに訪れた長男の死をきっかけに、母がアルコール依存症となり、一家の姿は激変する。「人生よ、私を楽しませてくれてありがとう」。絶望から再生した温かい家族たちが語りだす、喪失から始まる愛惜の物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/10
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 明日死ぬかもしれ...2015/10/28Posted by ブクログ

      それぞれが違う形で前のパートナーをなくした男女が再婚し、お互いの連れ子合わせて三人と、新しく出来た一人の子どもで、合計六人の家族が出来上がった。
      素敵な家に移り住み、家族仲も良好で、素晴らしいスタート...

      続きを読む
    • 明日死ぬかもしれ...2018/07/09Posted by ブクログ

      数年ぶりに読み返したらあらすじボヤッとしか覚えてなく新鮮に読めて、すごく良かった
      うまいの一言に尽きる。小説って技術が要るけど、これ見よがしだったり、奇をてらいすぎるものが技術と評価されるのでは無い。...

      続きを読む
    • 明日死ぬかもしれ...2019/09/24Posted by ブクログ

      山田詠美2作目。
      前作よりエイミーエイミーしてなくて家族愛中心だけど相変わらずドロドロしてる。
      よくもまあこんな話と文章が書けるよな、近くにいても怖くてきっと友達になれない。そろそろ禁断症状でそう、次...

      続きを読む
    開く

    セーフモード